中性脂肪の原因を知ってサプリメントで予防しよう

中性脂肪はトリグリセリドとも呼ばれており、食事によって摂取されたエネルギーが消費されきれない場合に、その余ったエネルギーが中性脂肪になります。

その原因としては炭水化物の必要以上の摂取で血糖値が上がったときやビールなどのアルコールを飲んだときなどがあります。

炭水化物の場合は腸内で消化されているときにブドウ糖になりますが、これらは脳などのエネルギー源となりますがこれが余るとグリコーゲンになり、それが原因となっています。

中性脂肪が上昇したときの危険性としては動脈硬化が起こり、その結果、心臓や脳にとんでもない影響を与える可能性があるからです。

具体的な流れとしては中性脂肪が上昇すると血液に含まれている善玉コレステロールが減少してしまいます。

その結果悪玉コレステロールが増加する原因となります。

運動とサプリメントでより効果的に

悪玉コレステロールなどが血管に密着し血の流れが上手くいかなくなり、動脈硬化が進行することになります。

また高いことで起こる他の危険性としては生活習慣病がありますので、日頃から適度の運動などの対策が必要です。

ただし運動や食事制限で中性脂肪を減らすのは中々大変です。

特に仕事をしていると運動できる時間は限られてきます。

そこで使用したいのがサプリメントです。

青魚の成分にDHAとEPAがありますがこれら2つは中性脂肪を下げてくれる効果があります。

そのため日頃の対策に合わせる形でサプリメントを摂取するとより効果的な対策ができます

中性脂肪下げるサプリ効果が参考になりました。

サーチ
テーマ
最近の記事
過去の記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加